一般社団法人HWA協会

ホーム コラム 腎臓がん罹患!がん専門医船戸崇史「がんと対話する生き方」

腎臓がん罹患!がん専門医船戸崇史「がんと対話する生き方」

がんと共に生きる新たな人生の旅路

船戸崇史医師の紹介とがん診断

船戸崇史医師は、がん専門医として長年の経験と深い知識を持つ医師です。彼の医療キャリアは数多くの成功事例を含み、がん治療の分野で高い評価を受けてきました。しかし、自身ががんと診断された時、そのニュースは彼に大きな衝撃を与えました。この経験は彼の人生観と専門家としてのアプローチに深刻な変化をもたらし、彼はこの新たな現実と向き合う過程で、自身の心理的、感情的な変化を経験しました。船戸医師の物語は、専門家の立場から個人的な闘病体験を通じて得た洞察を明らかにし、その経験が彼の生き方と医療への見方をどのように変えたかを描いています。

闘病体験「治療の選択と挑戦」

船戸崇史医師の闘病体験は、がんとの診断後に始まります。彼は治療選択を迫られ、伝統的な手術と補完代替医療の組み合わせを選びました。この決断は、医療の専門家としての彼の深い知識と、がん患者としての個人的な体験の両方に根ざしていました。治療過程は、医学的な治療だけでなく、心理的、社会的なサポートが重要であることを示しています。

手術後の療養期間は、船戸医師にとって新しい生活スタイルの適応を求める時期でした。補完代替医療を取り入れた彼の療養法は、伝統医療だけでなく、食生活の改善やストレス管理の技術も含んでいました。これらの経験は、船戸医師にとって、自身の健康と病との関係を再考する機会となり、彼はこれらの体験を通じて、がん治療に対するより包括的でバランスの取れたアプローチを見出しました。船戸医師の闘病体験は、がんと診断された他の人々にとっても、治療と日々の生活の両方で適応するための洞察と勇気を提供します。

がんに克つ5か条

「寝技」睡眠:健康の基礎としての重要性

「寝技」睡眠:健康の基礎としての重要性

船戸崇史医師は、がん治療において睡眠が重要な役割を果たすと強調しています。彼によれば、睡眠は免疫システムの強化、ストレス軽減、心身の回復に寄与します。自身の闘病体験を通じて、質の高い睡眠が健康状態に直接影響することを実感し、定期的な睡眠スケジュールと最適化された睡眠環境の維持の重要性を説いています。睡眠は、がん治療の一環として精神的、身体的な強さを維持するために不可欠な要素であると述べています。

船戸医師が推奨する「がんに克つ寝技」

「10-6睡眠」

夜10時から朝6時まで8時間眠る(できない場合は、最低6時間眠る)

夜(睡眠中)にがんは退治される

良質な睡眠を取っていれば免疫が働き、体が勝手に治していく!

「食技」食事:栄養とがんとの関係

「食技」食事:栄養とがんとの関係

船戸崇史医師は、がん治療において適切な食事が中心的な役割を果たすと述べています。栄養バランスの取れた食事は、体の強化と免疫システムの向上に寄与します。彼は特に、抗酸化物質や抗炎症成分を多く含む食品の摂取を推奨しており、野菜、果物、全粒穀物、良質なタンパク質を含む食事が治療中のがん患者にとって重要であると強調しています。また、加工食品や砂糖の摂取を控えることが健康維持に役立つとしています。船戸医師の食事に関するアドバイスは、がん患者だけでなく、一般の健康志向の人々にも有用です。

積極的に摂りたい天然の抗がん剤

がんが嫌う食べ物

緑黄色野菜、根菜、海藻類、きのこ類、豆類、発酵食品

控えるべき「がんが好きな食べ物」

  • 糖質:がん細胞は糖質が大好き、正常細胞の4~8倍の糖を要する
  • 乳製品:牛乳はなるべく避ける。チーズやヨーグルトは発酵食品なのでよいが少なめにする
  • 塩分:毒素のろ過を司る腎臓に負担をかけないようにする
  • 肉:食べる場合は鶏肉や魚を選ぶ。肉を選ぶ場合は放牧され牧草を食べて育った牛肉、ジビエが好ましく、また環境ホルモンが脂に溶け込んでいるので脂身の摂取は避ける。魚は天然の外洋回遊魚である青魚が適している。

「動技」運動:活動的な生活と病気の予防

「動技」運動:活動的な生活と病気の予防

船戸崇史医師は、がん治療における運動の重要性についても言及しています。彼の見解では、運動は体力の維持と免疫システムの強化に役立ち、がん患者の全体的な健康と回復に重要な役割を果たします。定期的な運動は、治療の副作用を軽減し、生活の質を向上させることができます。船戸医師は、適度な強度の運動を継続することが、がんとの闘いにおける身体的および精神的な強さを保つために重要であると強調しています。

がんに不利な状況を作り出す「運動」

目覚めてから6~8時のうちに、最低30分(理想は1時間)歩く!

体内に酸素が増えると、免疫が活性化&がんのエネルギー源が減少する

「温技」加温:体温管理と健康維持

「温技」加温:体温管理と健康維持

船戸崇史医師は、がん治療における加温の重要性を強調しています。加温は、体温を適切に管理し、免疫システムの機能を高めることに役立つとされています。適切な体温は、体の自然な治癒力を促進し、がんとの闘いにおいて重要な要素となります。彼は、定期的な温熱療法や適切な衣服の選択などを通じて、体温管理の重要性を指摘しています。船戸医師によれば、加温はがん治療の一環として、身体的な快適さと健康を促進するのに役立ちます。

HSP入浴法

  1. 浴槽にお湯を張る(40〜42度)。舌下体温計、タイマー、そしてバスタオルと着替えをすぐ手の届くところに準備しておく。
  2. 浴室内を温める(冬は浴室暖房または、浴槽のふたを開けたり、床や壁にシャワーをかけたりなどする)。
  3. かけ湯を手、足、体(心臓に遠いところから)の順で行う。
  4. 浴槽に足、手、体の順にゆっくりとつかる。*全身浴が基本だが、高齢者、体力のない人は半身浴でもよい。
  5. 湯につかりながら舌下で体温を測る。38度まで上げる、または体温を5度上げるのが理想。*お湯の温度目安:冬は42度なら10分、41度15分、40度なら20分ほど。夏は40度10〜15分ほど。
  6. 入浴後は10〜15分保温する(体の水分をしっかり拭き取り、体が冷えないように衣類を身につけ、冬は暖かい部屋で行う。夏は、気温が30度以上の時は軽く冷房をかけてよい。最低10分間体を保温する)*多量の汗が出るので、必ず水分補給をする。

「笑技」笑い:精神的健康とがんとの共存

「笑技」笑い:精神的健康とがんとの共存

船戸崇史医師は、がん治療における笑いの重要性に言及しています。彼によれば、笑いは心理的なストレスを軽減し、全体的な幸福感を高める効果があります。笑いは、治療中の患者にとって重要な精神的サポートを提供し、ポジティブな気持ちを促進します。また、笑いは社会的なつながりを強化し、孤独感を軽減する助けとなることが示唆されています。船戸医師は、がんとの闘いにおいて、身体的な健康だけでなく、心の健康も重要であると強調しています。彼の経験から、笑いはがん患者の生活の質を向上させ、治療プロセスをより耐えやすいものにすることが示されています。

船戸医師おすすめ

「にもか笑い」(にもかかわらず、あえて笑うこと)

腹が立っても、あえて笑う

がんに対する新しい理解「生活習慣の変革」

船戸崇史医師は、がんに対する新しい理解を提唱しています。彼はがんとの闘いを通じて、病気に対する従来の見方を超えた洞察を得たと述べています。彼によれば、がんは単なる医学的な挑戦ではなく、生活習慣や日常の選択に密接に関連しています。がんと共存するためには、健康的な生活習慣の実践が重要であり、これには適切な食事、定期的な運動、良質な睡眠、加温、そして精神的な幸福感をもたらす笑いが含まれます。

彼はまた、がんとの共存には、体と心の両面でのバランスが不可欠であると強調しています。病気との共存は、生理学的な側面だけでなく、心理的、社会的な面も考慮する必要があります。このような全体的なアプローチは、病気との共存を可能にし、患者にとってより良い生活の質を提供することができます。

船戸医師の提案するがんに対する新しい理解は、がん患者だけでなく、一般的な健康を志向する人々にも有益な洞察を提供します。このアプローチは、がんという病気をより深く理解し、それに対抗するための効果的な生活習慣を育むための基盤となります。

がんを乗り越え、人生を再評価する

船戸崇史医師の物語は、がんという病気との闘いを通じて人生を再評価する旅路として描かれています。彼の経験は、がんという試練がもたらす人生の変化と成長の可能性を示しています。彼は、がんとの共存は、病気を恐れるのではなく、それを理解し、自分の生き方を見つめ直す機会として捉えるべきだと説いています。

船戸医師のメッセージは、がん患者やその家族、さらには広く健康に関心を持つ人々に向けられています。がんという病気は、生活習慣の見直し、心の健康の重視、そして日々の選択の重要性を再認識させる機会を提供します。彼は、がんとの共存が人生に新たな意味と目的をもたらすことを強調し、読者に対して、がんという挑戦を乗り越え、より充実した人生を歩むための勇気と希望を与えています。船戸医師の物語は、がんという病気を通じて得られた深い洞察と、それに基づく新しい生き方への招待状となっています。

がんが嫌がる1日

あらゆる病気を消失させ、予防する生き方

  • 起床は朝6時
  • ウォーキングなどの運動(無酸素運動も取り入れるのが理想)
  • 朝食はファイトケミカルスープなど少量がおすすめ
  • 日中は仕事もしくは趣味などをいきいきと楽しく
  • 昼食は野菜を中心とした栄養バランスの取れたものを
  • 夕食もやはり野菜を中心とした栄養バランスの取れたものを
  • 家族との団らんや趣味などでリラックス(たくさん笑いましょう)
  • HSP入浴法でしっかり加温&保温
  • 就寝前90分はブルーライトを遮断
  • 就寝は夜10時

 

がんに克つ5か条を実践しながら規則正しく、楽しく生きよう!

「がんの声に耳を傾ける」船戸崇史医師の実践と悟り

船戸崇史医師は、数々の病院で消火器腫瘍外科専門に2,000人以上を看取り、また自身が左腎がんを罹患し、在宅医療経験を持つ専門家です。彼の30年にわたる経験から得た教訓は、「がんの声を聴く」ことの重要性を示しています。彼は、人間の考え方や生き方が幸福の本質を決める根本であることに気づかせてくれます。「私がいないと病院経営が回らない」という思いが自分の心と体を蝕むことに気付いた際、「がんの声を聴いて変われる人はがんを遠ざけられる」という言葉が悟りの瞬間だったと述べています。良い睡眠、適切な食事、笑い、運動、そして加温(温熱)による生活習慣の改善は、免疫力を向上させ、がんに克つ王道である。とても腹落ちしました。

がんが消えていく生き方

参照元:がんが消えていく生き方 外科医ががん発症から13年たって初めて書ける克服法

/著者:船戸崇史 出版社:ユサブル

参照元:がんを克服した医師が教える あきらめない生き方

/著者:船戸崇史 出版社:宝島社

執筆者

萩原大巳の私見

萩原 大巳

理事兼事務局長