一般社団法人HWA協会

ホーム コラム 人生100年時代の生き方「 人と人が繋がり思いやることで幸せを感じる社会的動物である」

人生100年時代の生き方「人と人が繋がり思いやることで幸せを感じる社会的動物である」

80歳の壁を笑顔で超える

「80歳の壁」という言葉は、現代社会における人々の平均寿命が80歳前後であることを指しています。この年齢は、多くの国々での平均寿命として認識されており、多くの人々がこの年齢まで生きることが期待されています。しかし、この「壁」を超えてさらに健康的な生活を続けるためには、特定の生活習慣や心の持ち方が求められます。

1.生活習慣の重要性

平均寿命が80歳前後であるというのは、医療技術の進歩や生活環境の向上によるものですが、それだけではなく、日常の生活習慣が大きく影響しています。例えば、バランスの良い食事、適度な運動、アルコールやタバコの摂取を控えるなどの生活習慣は、80歳を超えても健康でいるための基盤となります。

  • バランスの良い食事

    ・野菜や魚を中心とした食事
    ・適量の肉の摂取
    ・砂糖や塩の摂取を控える

  • 適度な運動(日常的に歩くこと)

    ・日常的な歩行
    ・定期的な有酸素運動
    ・筋力トレーニング

  • 十分な休息

    ・質の良い睡眠
    ・リラクゼーション

2.心の持ち方の影響

体の健康だけでなく、心の健康も非常に重要です。ストレスを適切に管理し、ポジティブな考え方を持つことで、心の健康を維持することができます。また、感謝の気持ちや他者との良好な関係を築くことも、長寿に繋がると言われています。

  • ポジティブな心の持ち方

    ・楽観的な考え方
    ・感謝の心

  • ストレスの管理

    ・リラクゼーション
    ・適切な休息

  • 人間関係の構築

    ・良好なコミュニケーション
    ・サポートのネットワーク: 家族や友人、同僚などのサポートネットワークを持つことで、困難な状況やストレスの時に助け合うことができます。

3.「80歳の壁」を超える人々の共通点

「 80歳の壁」を超える人々の多くは、好奇心旺盛で新しいことに挑戦し続ける姿勢を持っています。また、人との繋がりを大切にし、社会的な活動に参加することで、心身ともに活性化していることが伺えます。

  • 好奇心旺盛な姿勢

    ・新しい経験への挑戦
    ・終身学習: 80歳を超える人々の中には、新しい知識や技能を学び続ける人が多いです。書籍を読む、講座に参加する、新しい趣味を始めるなど、常に学びの姿勢を持っています。

  • 人との繋がりの重要性

  • 社会的な活動への参加

4.現代の医療技術の進歩

現代の医療技術の進歩により、80歳を超えても健康的に生活することが可能になってきました。しかし、それだけでなく、自分自身の生活習慣や心の持ち方が、長寿の鍵であることが強調されています。

  • 疾患の早期発見と治療

    ・診断技術の進歩: MRIやCTスキャンなどの高度な医療機器により、疾患の早期発見が可能となっています。これにより、早期治療が行えるため、回復率が向上しています。
    ・治療法の革新: 最新の医薬品や治療法により、かつては治療が難しかった疾患も治療可能となっています。

  • 予防医学の発展

    ・ワクチンの普及
    ・健康診断の普及

  • 生活習慣病の管理

    ・情報提供
    ・治療のアクセス

現代の医療技術の進歩は、人々の健康や寿命に大きな影響を与えています。しかし、医療技術だけでなく、自分自身の生活習慣や心の持ち方も、健康的な生活を維持するための重要な要素であると強調されています。医療技術と個人の努力が組み合わさることで、より長く、より健康的な生活を送ることが可能となっています。

「80歳の壁」とは、現代の平均寿命を示す言葉であり、この壁を超えて健康的に生き続けるための方法や考え方が多くの研究や文献で提案されています。

80歳を超えても活力を保つ~「三ガン主義」を実践する生き方~

「我慢しない、頑張らない、頑固にならない」

 「80歳の壁」の著者である和田秀樹博士は、老年精神医学や精神分析学、集団精神療法学を研究し、1万人以上の患者を診察してきました。和田博士の著書は、年齢を重ねる上での洞察に満ちており、「なるほど」と思わせる内容です。

一言で表現しますと、「我慢しない、頑張らない、頑固にならない」の三ガン則を守り、ストレスを溜めずに自分らしく生きることの重要性を説いています。

和田博士は、現代の標準医療や専門医療に疑問を投げかけ、薬毒についても薬は毎日飲むものではなく、調子が悪いときに飲むことを明快に書かれています。健康で長生きすることが「幸齢化社会」の実現につながるとし、心身の健康だけでなく、経済的な健康も重要であると述べています。

まさに、HWA協会のミッション「心の健康、体の健康、経済の健康の三位一体の調和を目指し、QOLの向上をサポートする」を体現した一冊と言えるでしょう

80歳の壁

60代の約40人に1人、80代で約3人に1人が認知症になる。老化の速度は60代から70代の生活様式に依存し、老年医学の専門家は健康的な老後のための方法を提案している…

参照元:「80歳の壁」

/著者:和田秀樹 幻冬舎

執筆者

萩原大巳の私見

萩原 大巳

理事兼事務局長